Innerevent

【企画】何を着ていこうか?意外と悩む社内イベントの服装を徹底解説!まずは基本を押さえよう

社内イベントの服装に悩んでいる方いませんか?個性を生かしつつ場の空気を壊さない。この絶妙なバランスが必要です。カジュアルでありフォーマルな場でもある社内イベントの場。今回は悩みやすい社内イベントの服装についてご紹介させていただきます。

社内イベントの服装について

社内イベントの服装について考慮すべき要素はいくつかあります。

まず、イベントの性格や形式、会社の文化によって異なるため、それらを考慮することが重要です。以下に、一般的な社内イベントの服装に関するガイドラインをさせていただきます!

まず第一に、社内イベントの性格に注目しましょう。イベントがフォーマルなものであれば、ビジネスカジュアル以上の服装が求められることがあります。一方で、カジュアルなイベントであれば、よりリラックスした服装が許容されるかもしれません。イベントの性格を理解することで、適切な服装を選ぶ手助けとなります。

次に、会社の文化を考慮しましょう。一部の企業はカジュアルな雰囲気を好む一方で、他の企業は堅苦しい雰囲気が好まれることがあります。社内の雰囲気や規定されたドレスコードがあれば、それに合わせて服装を選ぶようにしましょう。また、同僚や上司のファッションにも注意を払い、一般的な傾向を把握することが役立ちます。

基本的な原則として、清潔感があり、整った印象の服装が好まれます。シャツやブラウス、ズボンやスカートなど、通常のオフィスで着用するものが安全です。ジーンズやカジュアルなトップスも許容される場合がありますが、あまりにもカジュアルすぎる服装は避けた方が良いでしょう。

服装の考え方

女性の場合、ドレスやスカート、ブラウス、セーターなどが適切です。過度なデコルテや露出を避け、控えめでプロフェッショナルな印象を意識しましょう。男性はシャツやポロシャツ、スラックス、ジャケットなどが一般的に受け入れられます。ネクタイやスーツが必要かどうかは、イベントのフォーマリティによります。季節も重要な要素です。夏は涼しく、冬は温かい服装が適しています。季節に応じた服装を心掛け、快適な状態でイベントに参加できるようにしましょう。

アクセサリーやメイク、髪型も注意が必要です。過度なアクセサリーは控えめにし、メイクや髪型も清潔感があり、適切なものを選びましょう。

最後に、社内イベントにおいては、他の参加者とのコミュニケーションが重要です。服装はあくまで第一印象を左右するものであり、相手に尊重されるためにも適切な選択が求められます。自分自身の個性も大切ですが、会社のルールやイベントの性格に合った範囲内でアプローチすることが良い印象を残す秘訣です。

総じて、社内イベントの服装は慎重に選ぶ必要があります。イベントの性格や会社の文化、季節などを考慮し、清潔感があり、プロフェッショナルな印象を与える服装を心がけましょう。

これにより、同僚や上司との良好な関係を築き、仕事環境での信頼感を高めることができます。

ユニークな社内イベントの場合

最近はイベントにコンセプトを設けて実施することも多くあります。敢えて私服で!緑のワンポイント縛り!ワイルドさを表現して!などイベントのテーマはタイトルに合わせてドレスコードをすることで一体感やパーソナリティな部分も見ることができます。

参加者の服装にドレスコードを設けてみることも企画の一つとしてよいかもしれません。

これはやめよう!NGな服装

一般的な服装として以下のものはやめておきましょう。

しわしわの服装

これをおしゃれと取るか、だらしないと取るか。微妙なラインはありますが誤解を与えない為にしわしわの服などは避けた方がいいでしょう。ハレの場にもなるイベントのステージにはきちんとした服装で臨みましょう。

派手派手なスーツ・ドレス

イベントの種類にもよりますが、あまりキラキラしたドレスやスーツは避けた方が良いでしょう。黒一色など冠婚葬祭と間違われそうなスーツも控えた方がいいでしょう。

カジュアルすぎる服装

やはりハレの場です。カジュアルすぎる服装は奮起を壊してしまいます。ある程度周りを意識することも大切です。オフィスカジュアルがOKな会社はある程度いつもの雰囲気に合わせることをお勧めします。

過度な露出

パーティーなどどうしても楽しい場には、少し露出のある服装も増えるかもしれません。ただあまり極端な服装は避けた方がいいでしょう。気を付けましょうね。

まとめ

今回は、社内イベントの服装についてご紹介させていただきました。社内イベントは一般的にはフォーマルな場に当たります。周りの方に不快感を与えないようにするという事を前提に楽しんで頂ければと思います。特にドレスコードがある場合にはしっかり楽しんで頂き、ない場合には周りへの配慮を忘れないようにしましょう!

お問い合わせはこちらから

 

    社内イベントのご相談は、以下のフォームからご連絡ください。

     

     

     

     

     

     

    ピックアップ記事

    1. 【表彰式・懇親会】結局どれがいいの?イベントで使えるクイズ&アンケーツールの解説…
    2. 【企画】社内表彰式の外注はどのくらい業務量が削減できるのか?実際の時間を計測して…
    3. 【社内表彰式】社内表彰式は段取りが命!調整・手配の時間を考え制作フローを構築しよ…
    4. 【表彰式・懇親会】スマホのスワイプから始まるコミュニケーション!LIVECANV…
    5. 【社内懇親会】パンチングマシーンがレンタルできます!社内懇親会でパンチ力対決!

    関連記事

    1. Innerevent

      開催したら楽しい。開催するまでは・・・。社内イベントの価値とは?

      株式会社GROWSの島田です。この度、「社内イベントの窓口」と…

    2. 企画・準備

      【社内表彰式】ベルサール系列などのイベントホールで社内表彰式を開催する際の確認ポイントを解説します。…

      都内には多くのイベントホールがあります。イベントホールで社内表彰式を開…

    3. 企画・準備

      企画担当者必読!イベント制作会社が、社内イベントの代行の方法をまとめてみました。

      社内イベントの企画を担当していると、アウトソースを検討するタイミングが…

    4. 企画・準備

      【社内イベント企画】社内イベントが不安!担当者が陥りがちなミスを解説。準備は計画的に!

      今度社内イベントの担当になりました。不安なことが多いので、ご協…

    5. 企画・準備

      【実例】社内イベントの当日のタイムスケジュールを公開。設営からリハーサル・本番までの時間が配分をお伝…

      社内イベントの設計において当日の時間配分=タイムスケジュール組みは、と…

    最近の記事

    1. 【社内表彰式】エモい社内表彰式を開催しよう!光る椅子が非日常…
    2. 【社内表彰式】予算がかなり厳しいです!けど何とか照明演出をし…
    3. 【社内表彰式】社内表彰式は段取りが命!調整・手配の時間を考え…
    4. 【社内表彰式】社内イベントの開催の為に今回は代々木第2体育館…
    5. 【社内イベント企画】社内イベントが不安!担当者が陥りがちなミ…
    1. 懇親会コンテンツ

      【懇親会】懇親会と言えば食事でしょう!社内イベントでのケータリングの選び方・メリ…
    2. 企画・準備

      【実例】社内イベントの当日のタイムスケジュールを公開。設営からリハーサル・本番ま…
    3. 懇親会コンテンツ

      【表彰式・懇親会】表彰式を彩るにはこれでしょう!ムービングライトを使って表彰式を…
    4. 企画・準備

      【社内表彰式】社内表彰式は段取りが命!調整・手配の時間を考え制作フローを構築しよ…
    5. Innerevent

      まずは何から始めよう!社内イベント担当者のはじめの一歩!担当者になったら知りたい…
    PAGE TOP